• 債務整理
  • 債務整理を考えている人の為の情報
  • |借金問題もしくは債務整理などは、第三者には話しを出しにくいも

    トップページ
    お気に入りに追加
      

    |借金問題もしくは債務整理などは、第三者には話しを出しにくいも

    TVなどで、「借金返済で苦しんでいる方は、債務整理手続きをしましょう。◯◯法律事務所なら安心です。」みたいに放送されているようですが、債務整理とは、借入金にけりをつけることです。任意整理だとしても、期限内に返済が不可能になったという点では、普通の債務整理と何一つ変わらないのです。だから、早い時期にバイクのローンなどを組むことは不可能になります。銀行系とされるクレジットカードも、任意整理の対象とみなされますので、カード会社に任意整理の申請をした時点で、口座が暫定的に凍結され、出金が許されない状態になります。債務整理をした後となると、カードローンや消費者金融のキャッシングの利用は困難になります。任意整理を行なった方も、押しなべて5年間はローン利用をすることは困難です。契約終了日として登録されるのは、カード会社の事務担当が情報を記載し直した時より5年間だと聞いています。言わば、債務整理をした場合でも、5年過ぎれば、クレジットカードが使用できる可能性が出てくるわけです。テレビCMでも有名な過払い金とは、クレジット会社あるいは消費者金融、加えてデパートのカード発行者などの貸金業者が、利息制限法を守ることなく集めていた利息のことを指しています。免責になってから7年以内だと、免責不許可事由と裁定されてしまいますから、一度でも自己破産をしているのなら、同じ失敗を間違ってもしないように自分に言い聞かせなければなりません。過去10年というスパンで、消費者金融であるとかカードローンでお金を借りたことがある人・まだ返済し終わっていない人は、利息制限法を越えた利息と言われる過払い金が存在することもありますから、調べた方がいいでしょうね。